京都の紅葉もみじの永観堂は見逃せない!お勧めポイントと2018年紅葉ライトアップの期間は?

こんにちは

紅葉の季節が大好きな管理人のゆかです。

今年はどちらの紅葉を見に行きましょうか?
日本中に素晴らしい紅葉名所があって迷いますよね^^;

50代ならではの感じ方もあります。
今年も紅葉を楽しみたいですね!

今日は大人気、京都の 永観堂の紅葉情報をお伝えします(^^)/

 

 

ぜひ見たい永観堂の紅葉

 

私のおススメは京都の禅林寺 通称 永観堂の紅葉です。
以前訪れた時も圧巻といいますか、
辺り一面、幾重にも重なるもみじで真っ赤な様子は

何年経っても脳裏から消えていません。

絶景と称賛されているライトアップは
まだ見たことがありませんので

ぜひ見たいと思っています。

きっとため息が出るほど幻想的で
美しいに違いありません。

 

永観堂ってどんなお寺?

正式名称は 聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺
第七世永観律師(ようかんりっし)にちなんで、
通称名は 永観堂(えいかんどう)です。

創建は863年
参照:永観堂HP

永観堂の重文みかえり阿弥陀如来

変わったお姿の阿弥陀如来が本堂で拝観出来ます。
なぜ振り返ったままのお姿なのでしょう?

禅林寺の本尊阿弥陀如来立像は、顔を左(向かって右)に曲げた特異な姿の像である。この像については次のような伝承がある。永保2年(1082年)、当時50歳の永観が日課の念仏を唱えつつ、阿弥陀如来の周囲を行道していたところ、阿弥陀如来が須弥壇から下り、永観と一緒に行道を始めた。驚いた永観が歩みを止めると、阿弥陀如来は振り返って一言、「永観遅し」と言ったという。本寺の阿弥陀如来像はそれ以来首の向きが元に戻らず、そのままの姿で安置されているのだという。
引用:wikipedia

 

今年の永観堂の紅葉の見頃の時期は?

                                  出典:京都無料写真素材集

 

例年の紅葉の見頃は11月中旬から11月下旬

日本気象協会の予報では例年より少し早まるとのことです。
永観堂の紅葉の期間は短いようなので、
こまめに、チェックしていきましょう。

永観堂の紅葉の見どころは?

 

古今和歌集に、 もみじの永観堂と詠まれたほどの美しい紅葉の名所です。
約3,000本の楓と急斜面の岩壁に岩垣もみじがあります。

1928年建立の多宝塔がもみじの中から浮かび上がり、
放生池の水面に楓やイチョウが映り込む様はまさに幻想的!!!

昼間の太陽光に輝く美しさと
夜の闇に浮かぶ紅葉の美しさはどちらも見逃せませんね。

境内のいたる所に絵になるスポットが
たくさん!
ぜひお気に入りのショットを撮ってくださいね♪

永観堂の住所とアクセス・拝観時間・料金・ライトアップ期間は?

住所  京都市左京区永観堂町48
電話 075-761-0007
アクセス 地下鉄 東西線 蹴上(けあげ)下車  徒歩約15分
JR・近鉄京都駅から市バス(5) 南禅寺・永観堂道下車  徒歩約3分
ライトアップ期間 平成30年11月3日(土) から  12月2日 (日)
秋の寺宝展   平成30年11月3日(土) から  12月2日 (日)
休み 期間中 休みなし
拝観時間 9:00~17:00
寺宝展 9:00~16:30 (17:00閉門 )
ライトアップ 17:30~20:30 (21:00閉門)

拝観料金(大人1名)

寺宝展 ライトアップ
1,000円 600円

国宝、重要文化財、寺宝が多数展示♪
紅葉と合わせて貴重な文化にふれるのもいいですね!

 

昼から夜のライトアップまでずっと中に居られるの?

いいえ、出来ません。

昼とライトアップで入れ替え制です。

両方拝観したい方は1,000+600円必要です。

注意)ライトアップが始まる17:30には長蛇の列が出来るので
早めに並ぶのが得策です。

公式サイトはこちら 永観堂HP

永観堂の近くの宿泊施設は?

ゆっくり泊まりでお出かけしたいですよね。
近くのホテルはこちらからご予約くださいね。

 

永観堂まで徒歩10分ホテル平安の森のご予約はこちら 楽天トラベル

 

グランドプリンスホテル京都の予約はこちら 楽天トラベル

 

安心の添乗員同行のツアーならこちら
【JTB】国内宿泊・ツアーはJTBにおまかせ!

 

まとめ

美しい紅葉を愛でられる幸せ♪
ぜひぜひ永観堂の紅葉を一度見てみてください!

そして、
永観堂の近くには平安神宮や、南禅寺、真如堂など
まだまだ紅葉を楽しめる名所がたくさん!

紅葉三昧で、今年の秋を満喫してくださいね!

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
心温まる一日をお過ごし下さいね♪

スポンサーリンク

コメントを残す