50代独身女性老後のお金はいくら必要?年金と貯金と節約方法

スポンサーリンク

 

50代独身女性となると、老後の資金について不安ですよね。

ゆとりら (秋冬号)で超人気FP横山光昭さんの記事によると、

不安ばかり募らせているより、まずは現実を知って、

何が必要か把握することが大事だとおしゃってます。

 

横山さんによると、

私たちの親世代は退職金を銀行に預けておけば、高利息の利息がつき

不安なく老後を送れてきましたが、これからはもう全く期待できないので、

自分でしっかり備える必要があるとのことです。

もうすでに、私の親も銀行利息がつかないので、

年金と投資で生活をしています。

十分な資金がない場合は投資も難です。

 

60歳以降の生活費はどれぐらいかかるの?

 

老後資金とよく聞きますが、算出方法をご存知ですか?

「老後の収入」-「老後の支出」= 「老後の資金」

十分ありそうですか?

さて現実をみていきましょう。

 

 

60歳以上の2017年度単身世帯の家計の現実は?

 

単身世帯、つまり一人住まいの消費支出は
2017年度 政府統計によると、

35歳未満の世帯155,808円
35~59歳の世帯192,311円
60歳以上の世帯 148,358円

 

59歳までは実質増加していますが、

60歳以上では1.4%の減少となっています。

高齢単身無職世帯(60歳以上の単身無職世帯)の実収入は

114,027円で、実質5.7%の減少となり、

収入が減ったため消費も減ったようです。

ということは、高齢単身者の生活はほかの年代と比べても

厳しくなってきているようですね。

今の50代が60代になった時はどうなることでしょうか?

 

 

具体的な家計は?毎月赤字?

 

 

収入   114,027円
消費支出 142,198円 非消費支出 12544円 計154,742円
毎月の赤字 ▲40,715円

 

支出明細

食費35,418円
住居14,538円
光熱水道費12,989円
家具家事用品6,098円
保険医療費7,936円
交通通信13,148円
教養娯楽16,852円
諸雑費13,262円
交際費17,528円
仕送り金589円
非消費支出12,544円
直接税6,611円
社会保険料5,819円
合計154,742円

引用 :e-Stat 政府統計の総合窓口 2017年

 

老後のためにいくら用意しておけばいい?

 

日本女性平均寿命は2016年で87.14歳 この先まだ寿命は伸び続けそうです。

ということは、

60歳以降に生活するためのお金は
仮に90歳まで生きるとして 15万円×12×31年=5,580万円 びっくり!

不足分は 4万円ほどでしたから

4万円×12×31年=1,488万円にもなります!!

頼りのメインの収入の年金も少子高齢化により

減っていくことは明白です。(蒼白になりそうです(~_~;))

 

注意)年金の受給額は3割減り、受給できる年齢も68歳まで引き上げられる
と予想されているFPさんもいらっしゃいますので、
不足分はもっと増えると考えておかないといけませんね。

 

よくネット上でも貯金は2000万円必要と出ていますが、

本当にそれぐらいないと、90歳まで普通の暮らしができないですね。

 

横山さんのアドバイスは、長生きする分、

元気で、お金のためにも、健康のためにも働くことなんです。

フルタイムは無理でも、少しでも出来る範囲で働くほうが

生活にメリハリも出ますし、社会から孤立することもないですね。

働ける間は働いた方がよい!

という結論です♪

 

家計を見直す!

 

人はなかなか生活レベルを落とせないものです。

でも、老後は収入が減ります

どうしようもない事実から目をそらさず

無駄を省いて、出費を抑えられるよう
少しづつ見直していきたいですね!

 

横山さんおススメのポイントは次の三つ

① 保険料など固定費を見直す

② 支出の優先順位を決める

③ 小遣いは減らさない

 

固定費を見直す

 

まず、毎月出て行く固定費から取り掛かりましょう。

 

☆保険の見直し

子供が自立していれば、お葬式代ぐらいで、
大きな死亡保障は要りませんね。

合わせて読みたい関連記事:50代女性生命保険見直し掛捨てが良い?積立との違いは?

 50代女性生命保険の必要額はいくら?押えたい4つのポイント 

 

☆スマホを格安SIMに!

かなりお安くなりますよね!

 

☆車を手放す

あまり乗らないのであれば、

必要な時レンタカーを借りる方が断然お安くなります。

 

 

上手に節約するコツ

 

☆食費は自炊が一番!

一週間の献立を決め、予算を守り、安売りだからといって

飛びつかないことも大切ですね。

節約レシピなども楽しみながら取り組みたいです。

☆電気代

電力会社を比較して少しでもお安くしましょう。

あまり無理をしすぎて、反動で無駄遣いをしてしまわないように

ストレスのない程度のペースでやりましょう。

 

支出を抑えるために出来ること

 

スポンサーリンク

 

◇大まかでいいので、家計簿をつける

見える化することで、支出を抑える工夫ができる。

 

◇現役感覚を捨てる

 

あれもこれも現役時代と同じ支出をしていては

やっていけませんね。

 

でも、優先順位をつけることで、ストレスなく

支出を減らしていくことが出来そうです。

 

これはどうしても譲れないけど、

それは値段を抑えても大丈夫という風にです。

 

☆子供や孫への援助をしない

 


援助して貯金が減って、

後々子供にお世話になるのは避けたいですね(^_^;)

おこづかいをあげるぐらいに留めましょう。

色々子供や孫から不満が出るようでしたら、

きちんと経済状況を話すことも必要だと思います。

 

☆健康ファーストで行く

 

 

医療費の自己負担額が70歳になるまでは三割負担

さらに、高額療養費制度も見直しされ70歳以上の自己負担額が引き上げられ、

消費税が上がれば、必然的に医療費も増えます。

私たちの老後はもっともっと医療費が上がると予想されるだけに、

健康をキープすることが一番ですね!

 

 

介護費用はいくらいるの?

 

忘れてはいけないのが介護費用!

介護サービスを受ける際の自己負担は

年金を含めた年収が

280万円未満の場合は1割
280万円以上の場合は2割
340万円以上の場合は3割

高齢者施設入居は別途500万~3000万円

やはり貯金は出来るだけ多くしておきたいですね。

 

年金を増やす方法

 

厚生年金は70歳まで加入できるので、

70歳までかければ当然受け取り年金も増えますね

 

年金受給は65歳から受け取れますが、

遅らせると一ヶ月ごとに0.7%づつ増額

70歳から受給すると42%増になります。

それまでに死んでしまったらと考えると

受給時期は悩みますね(~_~;)

 

今あるお金を増やす

 

定期預金などに預けても、ほとんど利息がつきませんね。

2017年1月から老後資金のため「個人型確定拠出年金」が利用できる

加入対象者枠が広がりました。

掛け金の全額が所得控除されるうえ、

非課税!うれしい制度ですね。

60歳から受け取れますし、月額支払い額も5000円から1,000円単位で設定でき、

一年単位で設定額を変更できます。

老後資金にぴったり!!!

またこちらは、デメリットも含めて後日お伝えします。

 

まとめ

 

調べていくと、いろいろわかってきました。

老後に対して、漠然と不安をかかえながら

なんとかなるだろうではダメですね!

 

私たち世代は国に老後を任せている場合ではなく、

積極的に調べて、行動し、自衛していかなければならないのだと

遅ればせながら学びました。

 

50代独身女性で老後資金が不安な方、

ぜひ目を背けず、前向きに取り組んでいってくださいね!

参考:ゆとりら(秋冬号)2017年11月5日

50代のお金の問題についてはこちらの記事もごらんくださいね。

50代女性の不安!定年後のお金問題についてのまとめ

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

ステキな一日をお過ごしくださいね♪

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。
ポチっとして頂ければ励みになります(o^―^o)ニコ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


コメントを残す