更年期に歯茎が減る原因は歯磨きだけ?効果的な予防方法は?

      2017/10/01

Pocket

スポンサーリンク

更年期世代のお悩みの一つ歯茎の減り

更年期世代になるとだんだん
歯茎が減った、
知覚過敏、
歯周病が気になる、
歯が弱くなったなどなど

お悩み増えてきますね。
エストロゲンが減ると歯茎の材料となるコラーゲンも減るからですね(;’∀’)

私も歯茎が減ってきて、
知覚過敏に時々悩まされます。

食いしばりもあるので
歯にかなり負担をかけてしまってるので、
普段から歯の健康は意識しているつもり
のはずが、まだまだ知識も足りなかった!!!
というのが判明しました!

という事で、
毎日使う大切な一生涯の友“歯”について
調べてみました。

歯茎が減るのは年齢のせい?

年齢が進むから減るのは仕方がないと
思っていたのは私です。

歯茎が減ると、
*歯と歯の間の隙間が増える
*食べたものが挟まりやすくなる
食後の楊枝ほりほりはおじさんの特権かと思ってました。
いえいえ私も、トウモロコシとか、かんきつ系果物を食すると
挟まってしまってます。

*歯の上部と下部では色が違う
*知覚過敏

こういった症状に毎日悩まされます。

歯茎が減る原因は?

スポンサーリンク

・加齢
・歯ブラシの摩擦が強すぎる
・歯磨き粉の粒子が荒い
・歯周病
・歯ぎしり
・かみ合わせ
・くいしばり
・歯列矯正

どうすれば歯茎の痩せを食い止められる?

加齢はどうしようもないですが、
歯周病はきちんと歯科で治療を受けましょう。

歯ぎしり、くいしばり、かみ合わせの対策

歯ぎしりとくいしばりをやってる私は
歯科で就寝中だけつけるマウスピースを
作ってもらいました。
保険適用で7000円ほどでした。

出典:http://xn--n8js7i9kid0d4c9c2d.com/hagisiri/mauspeace/
就寝中など、かみしめる力は50キロ前後にもなり、
歯が欠けたり、歯茎にダメージを与えてます。
マウスピースある程度圧力を減らせます。

マウスピースを忘れると、
翌朝は歯茎の違和感、ひど首や肩の凝りを感じます。

正しい歯磨き方法

お家で出来る対策は
やわらかい、ヘッドの小さい歯ブラシと
粒子の細かい薬用歯磨き粉で
ペンを持つように
優しく優しく歯を磨いてあげること。

そして、見逃しがちな歯と歯の隙間の汚れ
デンタルフロスや、歯間ブラシ
しっかり除去しましょう。

自分で自分の歯茎を削らないでくださいね。

歯周病、虫歯予防のため、毎食後、就寝前は
歯磨きしましょう。

最低でも就寝前は丁寧に歯ブラシしてくださいね。

栄養も大事

歯茎もコラーゲン大切です。
ビタミン、カルシウム、ミネラルなど
バランスよく摂取していきたいですね。

痩せた歯茎を元に戻せる?

自力では無理なようです。
歯科で移植などの方法もあるようなので、
相談してみてください。
見た目だけでなく、
高齢者なっても
自分の歯でおいしく食事をしたいですね。

入れ歯とかやだ~(;’∀’)

インプラントをすればよい?
インプラントの土台は歯茎ですよね💦

土台がしっかりしていないと
お食事に制限がかかってくることに
お肉食べるのに苦労するようになってからでは
遅いですね( ;∀;)

入れ歯をしても、以前のようには
美味しく頂けなくなります。

今からでも、
大切な歯茎を守りましょう。
歯は健康と美容に密接に関わっています。
歯を大切にして、
元気な高齢者を目指しましょ(^^♪

まとめ

更年期以降はエストロゲンの減少に伴い、
コラーゲンが減り歯茎も減ってきます。
歯周病のケア、くいしばり、虫歯のケアを丁寧にし、
栄養にも気を付けて、いつまでも若々しい口元を保ちたいですね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!
良い一日になりますように♪

スポンサーリンク

 - 50代健康 , , , ,