痛いおばさんになってない!?アラフィフおばさん度診断とすぐ出来る対策は?

50代おばさん度合をチェックしましょ

スポンサーリンク

50代ともなるともう年齢的には十分おばさんな訳ですが、
でも、”イタイおばさん”にはなりたくないですよね。

 

All About に掲載されていた記事

「オバサン進行度をチェック!若作りは痛いだけ…」

 

を読んでなるほどなと
思いました。

 

私が思うイタイおばさん像、
20代の娘と話していて気づいた残念なおばさん像など
お伝えしますね。

思い当たる節があれば、全部は無理でも
出来るところから直したいですね^^;

姿勢、行動、仕草からおばさん度をチェック

猫背・うつむいて歩く

姿勢が悪いと即プラス10才ぐらいに見えてしまいますね^^;

頭が下がると自然と背中も丸まり猫背で歩いてしまいます。
当然、歩くスピードも遅くなります。

歩く姿勢は自分では意外とわからないもの。
時々ショーウインドウで自分の歩く姿をチェックしましょう。

背中まっすぐですか?
膝は伸びてますか?
おばあちゃんのスピードになってませんか?

ショーウインドウが無い場合は、
親しい人に辛口チェックしてもらいましょう。

姿勢は見た目だけでなく健康にも直結する問題です。
全部無理でも姿勢だけでも毎日意識したいですね。

スマホを見る時も注意したいです。
下を見ると、お顔のお肉もだだーっと下がってしまいます(;_;)

 出かけるのが面倒

ずっと家でこもっているのは楽ですよね~\(^o^)/
 

って私のことやん^^;

面倒と言っている時点でおばさん認定されてしまいます。

出かけるということは?

見たい!買いたい!体験したい!味わいたい!
友達と話したい!新しいことを知りたい!
などなど 心の動きがあって行動に移すもの。
ワクワクはいつまでも持ちづつけたいものです。

家に引きこもって、ダラダラするのも時には必要ですが^^;

断然フットワークが軽い方が若々しくいられますね。

運動はきらい!


50代ともなると代謝がどんどん落ちます

健康にも美容にも運動は必須

自分を甘やかしていると
病気スタイルの崩れ老化の加速が…..!

後で後悔しないためにも運動はやらなくてはいけませんね^^;

運動しなきゃと思ったあなたにおすすめの記事はこちら
50代女性体型悩みには代謝を上げよう!③運動編オススメのがんばらない運動って?!

周囲の迷惑を気にしない

おばさんが集団になるとよくあるのが、

◆大きな声で話す!

飲食店、公共交通機関内、観光バスなど
でよく見られる迷惑行為。

自分達さえ良ければという考えは
イタイを通り越して迷惑おばさん認定されます。


◆電車の席を我先に取る!
座りたいのは私もよくわかります。
ですが、周りと違う我をむき出しの行動というのは
ひんしゅくを買ってしまいます。
上品に参りましょう^_^

立っている方が、身体の体幹を鍛えられます♪


それから、席を荷物を置くのは
迷惑おばさんですね。

◆座ると足が開いている

特に電車など正面から見える場合、
女同士でも目のやり場に困ってしまいますよね^^;

いくらメイクやファッションが決まっていても、
足を開いて座っている姿にはどの世代から見ても幻滅です。

足を美しく閉じてずっと座っていると結構疲れませんか?
普段からその筋肉を使っていないからです(;’∀’)

姿勢を真っすぐにして、正しく座れば
最初は辛いですが、少しづつ時間を増やしていけます。

筋力アップのための運動と
いつまでも女性という意識を持ち続けたいですね。
美しい50代を目指して頑張りましょう。

清潔感のない装い

  • 靴が汚れている
  • 服装がだらしない
  • ネイルが取れかけている(あるあるです^^;)
  • 厚化粧

忙しい50代、「まぁ、いっか」で
出かけてしまいがちですね。

ですが、人のネイルはとても目につくものです。

私も出かけてから、
「あっ!ネイルが剥がれかけてる!」
ということがあります。

携帯用のネイルリムーバーをポーチに
忍ばせて置くことにします^^;

忙しくてネイルケアを出来ないのであれば、
いっそのことネイルをやめて、
爪を整え、磨くだけの方が
清潔感があっていいですね!

五十子さん

頑張りすぎると痛くなりますが、
手抜きしすぎも痛いおばさんになってしまいます。

何かと頃合いが難しい50代、
品性を頭に置いておけば上手くいきますよ♪

立ち上がる時「よいしょ」と掛け声をかける

 

私も言ってる時があります^^;

言ってから気が付くんですけどね。

筋力がないために立ち上がるのに掛け声をかけないと
すっと立ち上がれないのです。

スクワットを始めてから「よいしょ」の回数も激減です(^▽^)/

 

まとめ

痛いおばさんとは、見た目からも行動からも判断されてしまうのですね。

姿勢は日ごろから筋力、体幹を鍛えていれば、すべての姿勢で美しくいられます。
年だから仕方がないと言い訳しているとどんどん見た目から老けてしまいますね。
おばさんと見られたくないのなら、まずは身体を鍛えることです。

あきらめずに、沢山歩く、鏡の前で真っすぐ立つ練習をする
スクワットをするなど、少しの時間でも毎日の積み重ねは
きっと2,3か月後のあなたの若々しさを約束してくれるでしょう。

そして大事なのは羞恥心と周りへの気配り。
「自分だけ、自分たちだけが良ければそれでいい」では
ほんとに痛すぎるおばさんです。

私もがんばりますので、ご一緒にいかが?

 

 

 本日も最後までお読み頂きありがとうございました!
背筋をピント伸ばして、気持ちの良い一日をお過ごしくださいね♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す