50代女性「好き」を仕事に自分らしく生きる!モデル桐島かれんの秘訣とは?

スポンサーリンク

 

特にアンダー50の方には知っておいて欲しいなと思うことがあります。

それは50代はお祭りの後の寂しい年代ではなく、
美しく、しなやかに生きることが出来るということ。

50代の人生の節目には、今までやれなかったことをやれて、
自分らしさを取り戻せる絶好のチャンスだと桐島かれんさんは言っています。

「婦人公論」No1482 に掲載されていた記事から
お伝えします。

 


 

 

桐島かれんさんの経歴

 

日本名:渚、洋名:Zoe、1964年8月20日 生まれ 53歳
神奈川県横浜市出身のモデル、歌手、女優、タレント。
父親がスコットランド系アメリカ人で母親が日本人。

略年譜
1983年、上智大学に帰国子女枠で入学するが中退。
1984年、エスモード・ジャポンに入学するが中退。在学中に学生モデルを経験する。
1985年、セツ・モードセミナーに入学するが中退。
1986年、資生堂のキャンペーンガールとしてモデルデビュー。
1989年、サディスティック・ミカ・バンド(再結成/第二期)でボーカルデビュー。同年の高橋幸宏のツアーにもゲストとして参加。
1993年、写真家の上田義彦と結婚し、その後、3女1男の子供をもうけた。
2013年、インテリア雑貨、オリジナルウエア等を扱うライフスタイルショップHOUSE OF LOTUSのクリエーティブディレクターに就任

引用:

 

桐島かれんさんのお母様の子育て方法

 

引用:instagram houseoflotuskaren

 

ハーフでとてもお美しい桐島かれんさんは

作家の桐島洋子さん放任主義で育てられたため、

早くから精神的にも、経済的にも自立する大切さを学ばれたとか。

 

20歳になったら母親から経済的にも自立しなさいと言われ、

在学中にモデルの仕事をはじめ、大学も中退し、見事自立を果たされたそうです。

 

桐島かれんさんが大切にしてきたこと

 

 

引用:instagram houseoflotuskaren

 

でも、女優やモデルという仕事は、支持されて動く仕事。

それが嫌で嫌でたまらなかったといいます。

それでも我慢して働いたおかげで経済的自立を果たせ、

蓄えもでき、後に自分でお店を開くことができました。

 

28歳で結婚し、赤ちゃんの可愛らしさにはまってしまい、

4人のお子さんのママに。

かれんさんのお子さんなら、相当可愛いでしょうね(^^)

 

育児の大変さに追われる中、

家の中ほど自分の世界を構築できる場はないと

気づいたそうです。

 

そんな事はみじんも思わず、ただただ子育ての大変さに

翻弄されていた私とは大違い^_^;

 

時間は削られても、自分らしさ、美意識は手放せないという思い。

結果、花を飾り、料理をお気に入りの食器に盛りつけ

自分自身が気持ちよく暮らすことが、家族の笑顔につながると

言っています。

 

今まさに子育てに翻弄されているママたちに伝えたいですね。

 

自分自身を大切にすることは、
家族を大切にすることにも繋がっているのだと気づかされました。

 

お店「ハウス オブ ロータス」を開く

 

引用:instagram houseoflotuskaren

 

子育て中も、子供たちを連れて中国やタイ、インドネシアに

家具や雑貨を買いに行って集めているうちに、

たくさんの人にこれらの品を紹介できたらと

商売は素人なのに、自宅でお店を始めたそうです。

子供たちを連れて!エネルギッシュな方ですね。

 

私と同じで数字は大嫌いなかれんさん。(一緒にしてはいけませんね^_^;)

自宅で開業されていたときは稼げていなかったそうですが、

好きなことはどんな困難も乗り越えさせてくれるようです。

すごいパワーですね。

 

何でもいいから好きなことにしがみついていないと、子育ての定年を迎えて自由な時間が
できたときに、感覚を取り戻すことから始めなければなりません

引用:「婦人公論」No1482

 

ふと振り返っても、自分の好きなことに

しがみついて来たかと問われても、YESとは言えない私。

あなたはいかがですか?

 

50代だからこそ出来ること

 

スポンサーリンク

50代は、精神的に豊かになっています。

いろいろ子育てする中でも、仕事をする中でも

人は学び、忍耐力をつけ、柔らかくもなっています。

歳を重ねたからこそ出来ることがあります。

 

大切なのは精神的な成長を豊かな人生へとつなげること。

人生の節目は、自分らしさを取り戻すための絶好のチャンスです。

とはいえ、自分らしく生きることは簡単ではありません。

 

こうありたいと思う気持ちと、世間体や社会の常識と折り合いをつけていかなくてはいけない。

そのために不可欠なのは、何があっても自分を貫くぞという覚悟だと思います。

引用:「婦人公論」No1482

 

引用:instagram houseoflotuskaren

 

逆風はあっても、強く自分を持つことが大事なんですね。

と同時に、無理をしないこと、自分の気持ちに嘘をつかないことを

桐島かれんさんは心がけているそうです。

 

好きなことだけでなく、嫌なこともわかっておくこと。

 

引用:instagram houseoflotuskaren

 

桐島かれんさんは、

人間関係に翻弄されるのは50代までは仕方がないけれど、

今は優先順位として、友達はいらないとも言っています。

 

「友達がいないと寂しい」と言っているのは依存でしかなく、

進歩がない、誰かに頼らず自分が主役の人生を生きていれば

乗り越えられるはず。

 

(バッサリ!お強いですね^_^;)

 

依存するのではなく、孤独を受け入れシンプルに生きるのが

自分らしい生き方が出来るのだと。

 

桐島かれんさんらしくてかっこいいです!

本当の意味で自立することが幸せに生きていく極意なのですね!

 

50代は60歳をしなやかに迎えるための
いわば人生の中のティータイム
”自分を縛るあらゆることと決別して、ゆったりと
そして毎日を慈しみながら、丁寧に過ごそうと決めています”

引用:「婦人公論」No1482

 

男前!と言いたくなるほど、

凛とした姿勢を貫いていらっしゃる桐島かれんさんですね。

 

50代の過ごし方をあらためて考える

 

50代は人生のティータイム♪
なんだか幸せな響きではありませんか?

この50代に自分の好きなこと、嫌いなことを
しっかり自覚して、次のステップにゆるりと
進みたいですね。

私の友人も、50歳を過ぎてから仕事を好きなことに変更しました。

助産師からアロマセラピストに転身

びっくりしました。

 

私の60代のお友達もみなさん、好きなことをしながら

毎日楽しそうに暮らしています。

 

20代、30代、40代は、好き嫌いなど言っている場合ではなく、

必死に目の前のことに取り組んできましたね。

 

50代は、自分に嘘をつかず、

自分の気持ちに従って、無理せずしたいことを

やれるとても素的な年代なのです。

 

もう50代だけど、好きなことなんて思いつかないという方も

いらっしゃるでしょう。

 

でも主婦業の中で得意なことを

起業に結びつけ、活躍されている方も

大勢いらっしゃいますね♪

 

まとめ

 

桐島かれんさんのようにカッコよくは誰しもいきません。

でも、自分の人生は自分だけのもの。

比べることでもないですね。

 

日々の生活の中で、

これは得意、これは好き、これは嫌いと少し意識してみてください。

 

きっとあなたがこれまでに
大切にこだわってきた何かがあるはずです。

 

今からでも遅くありません、

それを磨いていきませんか?

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
自分を大切に一日をお過ごし下さいね。

スポンサーリンク

 

ブログランキングに参加しています。
ポチっとして頂ければ励みになります(o^―^o)ニコ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


コメントを残す