50代女性の仕事やお金の悩みや不安!定年後の年金はどうなる?

スポンサーリンク

 

私は60代はどんな世界なのか?生活はどうなるの?
ずっと気になっていました。

お金のことも気になりますし、

仕事もいくつまで働けるのか、働く必要があるのか?
定年後の生活はどんなだろう?

私のこんな疑問は多くの50代女性がもっていると思います。
今日はお金の問題についてお伝えしますね。

 

タイムリーに婦人公論No.1482に特集が組まれていたので
ご紹介します。

参考:中央公論社 「婦人公論 11/14」

 

婦人公論から学ぶ女性の定年後

 

50代女性といっても、

夫がいる方、

私のようにシングルの方、

子供がいる方、いない方、

それぞれ環境も事情もあり、一概には言えないですが、

今から60代になった時のお金のこと、

仕事のこと、よ~く考えておかないと!

逃げていてはいけませんね💦

 

今現在50代の職場の悩み

 

一番多かった悩みが「定年後の不安」でした。

迎えた定年、その後どうなるんだろう?と。

 

みなさん不安ですよね!
アンケートに答えている女性たちの声も

1位 お金の悩み

今現在の収入が低い(;_;)

貯金が出来ない(T_T)

受け取れる年金額が少ないのでは?

 

などの不安がありました。

まさしく私!!!(;^_^A

 

2位~4位は仕事量や、仕事内容の悩み


責任や仕事量は増えても給料は新人と変わらない(;_;)

体が悲鳴をあげている(T_T)

仕事を続ける上での健康不安(;_;

どれも「そうそう!」と共感できる内容ですね。

いくつまで働きたいですか?

 

スポンサーリンク

アンケート結果は60歳から65歳までが多かったです。

仕事をやめたいと、やめられるは別問題ですね。

 

働き方の計画を立てるには、
これから先のお金の見通しをつけることが先決です。

お金の流れや人生の節目を理解するための

ライフ&マネー表が掲載されていますので、

気になる方は婦人公論11/14をご覧になってくださいね。

 

定年後、優雅に暮らしたいのか、
質素でも堅実に暮らしたいのか
など
どんな生活をしたいのかも重要ですよね。

 

年齢と共に病院のお世話になる回数も格段に増えてきます。

医療費についてはこちらをご覧くださいね。
50代女性退職後の医療費、健康保険はどうなるの?

 

暗いお話しになってきましたね~

でも避けられない以上ここはポジティブに(;^_^A

 

60歳以降一体いくらあればよいの?!!!

 

 

◇生活費(今の生活でかかっている費用)

◇住宅費(住宅ローン、固定資産税、住宅の補修費用)

◇教育費(趣味教室、子供の学費など)

◇保険料 生保、医療保険、自動車保険、火災保険+仕事をしていない場合は国民年金

◇その他 (冠婚葬祭に年間30万円を計上)

仕事をやめた翌年の住民税は

前年度と同じ額なので計上しておきましょう。

 

気になる働いた場合の年金について調べてみました。

 

在職老齢年金

年金受給資格者が60歳以降も働く場合のお話。

自営業 国民年金 加入対象20~60歳未満

60歳以降は保険料を納める必要ない
期間が40年に満たない場合は
年金額を増やせる。

会社員(公務員)加入対象70歳まで

原則厚生年金に加入し、保険料納付金に比例し
受け取る年金額が増える

60歳以降働いている間は年金が一部、
または全額停止
されることを

在職老齢年金と呼びます。

65歳未満の人と、65歳以上の人では支給停止の方法がことなります。

詳しくはこちら日本年金機構のホームページをご覧ください。
     
在職年金の仕組み

それぞれ加入されてきた条件も異なりますので、
  具体的な年金受取金額は年金事務所に問い合わせくださいね。ねんきんダイヤルでもお問い合わせいただけます。
0570-05-1165
IP電話からは 03-6700-1165

 

ねんきん定期便からわかること

 

私もそろそろ真剣に調べて計算しなくてはいけないなと
思います。 ⇐遅い?(;^_^A

ちょうど私の「ねんきん定期便」が届きました。
タイムリーですね!

 

私の場合は63歳から
特別支給の老齢厚生年金

65歳から国民年金の
老齢基礎年金 と 老齢厚生年金

足した額を受け取れるというお知らせでした。

在職の場合は一部停止、
全額停止されるという事ですね。

 

まずは10年先までの収支を予測して、
3~5年のスパンで見直しするとよいそうです。

その上で不足分は働いて補うといいですね。

 

あなたはいくつまで働きたいですか?

 

 

あなたはいつまで働いたら

仕事辞められますか?

 

私の職場は60歳定年で、

後は希望すれば在籍可能です。

 

でも今の給料では貯金もほぼ出来ずです。

なので他で収入源確保するため今頑張っています。

 

アンケートでも、

ほとんどの方が働きたくないけど
働かざるを得ない状況のようでした。

 

定年後はのんびりしたいけど、
金銭面で働かなければいけない(;_;

子供にお金を残さないといけないので、
  70歳まで働く必要がある(^o^;

 

シングルなのでパートでも
続けなければいけないが

 パートナーを得て、
つつましやかな暮らしでも幸せになりたい

70歳まで介護を免れるため働きたい(^o^;

という方や

ポジティブに

趣味を生かした仕事をやりたい(^^)

事情が違うので色々あって当然ですね。

役職についている方は余裕があるんですね。

早期退職を希望されている方もいます。

私の友達も、
もう貯金も十分だし仕事はきつくなってきたし、

早く辞めたいと言っています。

やはり経済的な問題が定年を左右していますね。

 

仕事以外のお悩みは?

第一位が健康でした。

分かる気がしますね。

健康に問題がある方は
それだけでもかなりなお悩みになります。

今も不安なのに、老後はもっと不安です。

 

いよいよ60代現役のお声です。

 

定年後働いている方の割合は……….

41人中52.6

仕事の時間を減らした方や、

逆に時間は同じなのに、給料が下がったという方もいます。

(ですよね💦)

 

無理のない範囲でパートをして、
日々ゆったり生活を楽しんでいる方もいれば、

週2,3日働きたくても思うように仕事が見つからない、

年齢的に雇ってくれるところがないという声も。

 

やはり厳しい現実があります(;_;

 

60代の方はこれからも働き続けたいと思ってる?

 

 

60代の方たちの

71.4%の方が働き続けたいそうです。

70歳まで希望の方や中には生涯現役という頼もしい方まで。

働くことに
生活のハリや生きがいを感じていらっしゃる
のですね。

 

中にはローン返済のための方もいましたけれど、

みなさんお元気でパワフルだと感じます。

 

私の知っている60代の方達も
みなさん私以上に行動的で
日々を楽しんでいらっしゃいます。

 

好きな事を仕事にして、

生きがいを感じていたり、パートの日数を減らし、

趣味を楽しんだり。

 

彼女たちも体のどこかに問題は抱えていますが、

いつもどこか余裕さえ感じさせる笑顔を欠かしません。

私のあこがれでもあります。

 

まとめ

まだ先だと思っていた定年がもう目の前に迫っている50代は節目!

早めに現実を直視して、60代からの生活をシュミレーションし、
今から出来ることをやり、幸せな60代を迎えたいですね!

 

 

スポンサーリンク

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました(^^♪
良い一日をお過ごしくださいね!


コメントを残す